【ゴールデンウィークに伴うサポートおよび商品出荷に関するお知らせ】

どろんこまみれで、はたらくくるま『SpinTires』

ゲームタイトルSpinTires
    開発元OoveeR Game Studios
パブリッシャーIMGN.PRO
     定価:2,980円

筆者:GREENER
Steam プロフィール

SpinTiresは大雑把にはドライブシミュレータに分類できるだろう。 四人までのマルチはあるが、レースと呼べるような行為は一切しない。

できっこない。

なにせ燃料計はあっても速度計がないくらいだ。

登場する車は全てソビエト製で、言明はないが舞台もそうと見なしてよかろうと思う。ロシアの大地は寒い。 冬期は雪と氷に閉ざされ、ありのままで等と呑気なことは言っていられない風土だ。しかし、春夏ともなれば永久凍土以外は融ける。 大量の雪融け水は河川の増水を招き、舗装もされていない道路はたやすく飲み込まれてしまう。

また低温ゆえに微生物の活動も鈍く、満足に朽ちることもできない植物の遺骸は、泥炭と呼ばれる水はけの悪い大地となる。 至るところから水が染み出し、泥濘み、ぐずぐずと崩れていく。

SpinTires

だがそんな土地にも人は住んでいる。どこかに木材を必要としている人がいる。

それなら俺が運ぼうじゃないか。

PvP(Player VS Player:人間対人間)の対義語であるPvE(Player VS Environment:人間対環境)の語義からはおそらく外れるが、これは過酷な環境と戦うドライブゲームである。

本作はそんな劣悪な土壌を再現するため開発した専用のゲームエンジンを使っており、道らしきところを普通に走るだけで見る見るうちに立体的な轍が生成され、ちょっと雑な機動をするだけであっという間にタイヤが埋まっていく。また、タイヤ自体に付着した泥がグリップ力を低下させ、いよいよもって走りにくい。 そこをデフロック、全輪駆動、ウィンチといった装備を使って活路を拓いていくこととなる。 特にウィンチの効果は絶大で、ワイヤーが届く範囲に樹木がないと不安を覚えるほどである。

デフォルト視点は車体の左後方から前を見る、車の進路よりもタイヤが踏んでいる箇所の把握を優先した車外カメラで、オンボードやドライバー視点はない。 カメラ周りは若干ブラッシュアップが足りない様に感じるが、慣れで対応できる範囲ではある。

SpinTires

丘、海岸、平原といった五つのマップがあり、各々が1km四方の広さがあって、最初から好きなところを選んで構わない。 ミニマップは初め大部分が目隠しされていて地形を見ることができないが、コンパスを頼りにその中心部の黒い竜巻に到達すると少しずつ解放されていく。

どんなルートを選ぼうが一長一短だが、通れそうな道の目星がついたらガレージに戻って材木運搬用の荷台を装備し、材木置場まで行って荷受をして目的地まで配達する。基本的にやることはこれだけという、実にストイックな作りだ。似たテーマのものでOff-Road Driveというゲームもあるが、あちらがあくまでレース、いわば障害物競走であるのに対し、こちらはほんとうに単なる運送業だ。

しかもストーリーや報酬を貰って車を買い替えてどうこうといった持ち越し要素はまるでない。その代わりといってはなんだが、レースではないがゆえに本作では他の車にウィンチをかけることができる。 これこそが本作最大の売りであろうと勝手に筆者は思う。

つまりどういうことかというと、とにかく泥濘に足を取られやすいゲームではあるが、マルチならスタックしたフレンドを救出することができるのだ。修理資材や燃料を積んで、或いはクレーンを搭載しての本格的なJAFごっこを楽しんだっていい。
これは他に類を見ない、文字通り体当たりの支援ができるCOOPドライブシムなのである。 オンラインゲームで車に乗るやいなやフレンドの車に体当たりし、横転させられないか試さずにはいられない人種でも、その後のさりげない救助活動でフォローすれば好感度アップ間違いなし。
マッチポンプ万歳だ。

SpinTires

強引な渡河に失敗して吸気系まで冠水し、エンストしたままどんぶらこっこと流されて来たフレンドにすかさずウィンチをかけて引き揚げるという実に心躍る一幕が見られたのもこのゲームならではだろう。
もっともそのとき筆者のいた中洲の弱い足場では踏ん張りがきかず、逆に川に引きずり込まれそうになって別のフレンドに救援を頼むというオチはついたが。

■総評

KickStarterで開発費を得て作られた本作であるが、ご多分に漏れず一点豪華主義というか一芸特化というか、弱点を防具で覆うよりも己の武器を研ぐことが勝利に繋がると考えてるタイプのゲームである。
万人受けするものではないかもしれないが、泥臭い乗り物に弱い自覚のある諸兄はぜひバッサリやられてみて欲しい。楽しく彼岸に行かせてくれるはずだ。

今すぐウォレットチャージでこのゲームをゲット!

PROスチーマーのSteamグループが出来ました!よろしければ参加をお願いします!