「Valve グッズ」および「Steam ハードウェア」のオンラインショップ移転のお知らせ

かかったなアホが! その乳と尻は撒き餌だ!『Haydee』

ゲームタイトル:
開発元:
パブリッシャー:
定価:
1,480円
GREENER 筆者:GREENER Steam プロフィール
ハイどうもこんばんは! セパレートタイプのスク水もいける口、豚さんです! そして本日のお相手はこちら!
ハイこんばんは。……えっと、なんかそういうフェチ告白しないとダメなの?
戸惑い気味の名称未定ちゃんです。さ、それでは今日も張り切ってゲーム紹介していきましょう。
いや待って、こんなじゃなかったでしょ週刊Steamって。
いやぁ、実はこのコーナー文章が硬いって声が一部から挙がってまして。
一部ってどこ? 上中里?
誰も知りませんよそんなローカル駅(※)。

※ 東京23区の利用客数ワースト上位。
大体ね、仕方ないんですよ。「あなたの代わりに新作試しました」な記事ならともかく、お気に入りを取り上げると言いたいことが一杯あるわけで。なのに文字数は2000前後と決まってるんです。もう文章を圧縮するしかないじゃないですか。装飾を削って情報を詰め込むと論文っぽくもなりますよ。
あー、居るよね好きなことだとガーッと喋るひと。
よしなよ。
……(そこまで言ってないのに)。
はい、そんな訳で本題に入りましょう。今日のゲームはこちら。
Haydee 主人公はなんか量産品っぽい
あ、えっちな奴だ。
はい。己の欲に忠実に。ちち! しり! ふともも! という作者の叫びが聞こえてくるリビドー全開ゲーム。……と見せかけた誘蛾灯ゲーです。
ゆうが……あのトラップタワーみたいな奴?
ですです。エロに釣られて寄って来た奴の背中をドン! プレイヤーを千尋の谷に突き落とし、這い上がれない様を見て大満足! 気付けば辺りは死屍累々の全自動殺戮装置。それがHaydeeなのです。
……あー、つまり難しいの?
極めて古臭い作りでもあります。ジャンルとしてはカメラがズレてる背後視点の3Dアクションで、謎の施設の一室で目覚める手探り探索ゲーです。攻撃するにも回復するにも有限の消費アイテムが要りますし、セーブもインクリボンを消費してタイプライターのある部屋でだけという初期のバイオハザードみたいな方式になってます。
初代PSってもうレトロゲー枠だよね。
それでいて単なる消耗品すら念入りに隠してあるので見つけるのも一苦労。その上敵がいなくても歩いてるだけで怪我します。ご覧の通り主人公は肩や頭はメカっぽい。なので段差に腕だけでぶら下がったりはできますが、脚が貧弱なんですよ。さらにハイヒール。ちょっとの落差でも落下ダメージを食らうという……。
Chellを見習え!
Portalのツナギの子ね。
そして! なによりも! ステージ構成がややこしい!
勿論マップ機能なんてありませんが、自前でメモを取ろうにも立体的に絡み合っていて、安易に見下ろし視点で間取り図を書こうとするとあっという間にスパゲティに。
Haydee ガスマスク&アーマー装備。溺れたりもするので、この顔でも呼吸はしてるみたい
結局クリアできたの?
……恥ずかしながらバニラ(※)では無理でした。

※ ネギも揚げ玉も加えていない素うどん状態 = 開発者が作ったままのもの。
あー ズルしたんだ。
だって本当にしんどいんですよ!
例えばゼルダなら、一度ダンジョンに入れたのなら中で入手するものでそこを攻略できる、みたいな信頼があるじゃないですか。基本的にフィールドに戻る必要はない。でもHaydeeにはそれがありません。わりとどこのエリアにも入るだけなら入れちゃうんです。当然行き詰まるんですが、できることを見落としているだけなのか、今はまだできることが無いのかが判らない。
La-Mulanaもそんな感じだったよね。
こんな乳尻を売りにしてるゲームの引き合いに出すのもなんですが、自力クリアの困難度合いはいい勝負ですね。ピースが揃っている保証のないパズルというか、意味ある努力なのか判らないのが地味に心を削っていきます。総当りであっちゃこっちゃ行けと言うには移動がダルい。セーブも制限されてるもんだから、分岐路でセーブして右行ってハズレだからロードして左へみたいなのもナシ。歩いて戻らなきゃなりません。そのくせ一方通行とかを仕込んでくるんですよこれ!
楢村さん(※)は2の開発で忙しそうだからこんなとこ見てないよ。

※ タイトルを逆から読むと名前になるという大変覚えやすいLa-mulanaの作者さん
コーナーとしてはもうちょい知名度が欲しいとこですが。
まそんなわけで、セーブポイント&セーブ用ディスクを大増設! 威力を上げて、弾を節約! というお助けMODを盛って遊んだわけですが、それでも終盤は攻略サイトに頼りましたね。ここの鍵は赤エリアにあるよくらいのヒントがあれば頑張れるんですけど、どっかにあるよだと見つかりませんでした。
お勉強するにもテスト範囲くらい教えて欲しいよね。
参考にさせて頂いたとこ曰く「動画を見ちゃうのはなんか違う」だそうですが、ぼくもそう思います。
Haydee MODが作れる以上、居ないわけがないスキン
そんなこんなでとにかくシンドイので、むにむに変形するお尻で癒されるにも限界はありますね。それで誤魔化せるのなんて精々最初の5時間ですよ。
……意外と長い!!
その後は遅々として進まない攻略を前に、お尻を眺めて心を静める日々です。
結局まだ見るんだ。
見るだけじゃなく、Workshopで理想のお尻を探したりもします。正直バニラの体型は好みではないので、MODが充実するまでは買うつもりありませんでしたし。
ちなみに3Dモデルはなんの梱包もされていない生のデータが入っているので、3ds Maxという趣味で使うにはお高いソフトがあれば弄れる筈です。取り敢えずテクスチャだけ弄ってみました。
(なんなんだろう、このお尻にかける情熱)
下手に露出してるより、この方がエロいですよね。
いや、わかんないし、怒られても知らないからね。
週刊Steamは上尾メディックス女子バレーチームを応援しています。

※ 個人的に
Haydee メニュー画面のポーズを変更するMODもあるよ!
ところでさ、今後ずっとこの形式でやるの?
……次回なにも言わず従来の形式に戻っていたら察して下さい。
……うん。
Haydee モザイクのかかったモデルもあるけど、ゲーム内のオプションで簡単に検閲OFFにできるぞ!

記事一覧に戻る

今すぐウォレットチャージでこのゲームをゲット!

PROスチーマーのSteamグループが出来ました!よろしければ参加をお願いします!