Serious is Best『Serious Sam 3: BFE』

ゲームタイトルSerious Sam 3: BFE
    開発元Croteam
パブリッシャーDevolver Digital
     定価:3,980円

筆者:GRAM[JP]
Steam プロフィール

Serious Sam 3: BFEという2011年11月22日にリリースされた撃ちまくれるアクションFPSを紹介していく。Serious Sam 3はSerious Samシリーズでおなじみの広大なマップで大量の敵を軽い動作環境でプレイすることができる。 シリーズの過去作品をプレイしていない人や英語が苦手な人もいるだろうが気にせずプレイしてほしい。本作は良い意味でバカゲーであるし、なによりもストーリーなど気にならない程ゲームプレイが面白いからだ。

Serious Sam 3は避けて撃つオールドスクールFPSである。 画面を埋め尽くすほどの大量の敵、これこそが本作の魅力だ。 序盤こそ敵の数は物足りないものの、中盤はいつものSerious Sam、終盤はシリーズ最高ともいえる数で本気で殺しにかかってくる、特に最終ステージは1時間絶え間なく敵がスポーンし続ける、奴らは本気だ。 更に本作はスプリントが導入され、移動するだけの時間が大幅に減った。 戦闘、戦闘、戦闘の連続となっている。

Serious Sam 3: BFE

大量の敵・撃ちまくりというと、無双ゲーで難易度が低いという印象を受けるかもしれないが、敵の体力は少なくなく、何も考えずにプレイするとノーマルでも難しい。 敵のロケット弾をアサルトライフルで撃ち落としてからロケットランチャーに持ち替え攻撃、体力の多い敵を優先して攻撃しつつ小型の敵を誘導しC4でまとめて倒す、といった有利に立ち回るための武器や動きを連続で判断していく必要がある。

Serious Sam 3: BFE

強力な敵勢力に対抗するべく、入手した全ての武器が携行できる。 ミューティーレータ、スレッジハンマー、ハンドガン、ポンプアクションショットガン、ダブ ルバレルショットガン、アサルトライフル、ミニガン、ロケットランチャー、C4、レーザー、デバステーター、スナイパーライフル、キャノン砲。 これらの武器を状況に応じて使い分け大量の敵を捌く。 避けて撃つシンプルなゲームだが、絶妙なゲームバランスにより理不尽とも思える敵の波を乗り切ることができ、何も考えずにただ撃つだけにならず飽きさせない。

Serious Sam 3: BFE

これらの連続した戦闘を盛り上げてくれるのが、存在感のある敵だ。広大なマップで大量の敵をスポーンさせているにも関わらず、敵の動き1つ1つに迫力がある。どの敵の攻撃モーションも、今から攻撃すると宣言するかのような挙動で重量感がある。
またやられモーションが素晴らしく、突進している牛を殺せば慣性で滑走し、弾を撃ち込めばぶるぶる仰け反りながら迫ってくるなど攻撃していると強く感じられ非常に爽快。Kamikazeに至っては夢に出てきそうな勢いだ。

また物理演算が凄まじく、破壊できるところはとことん破壊できる。本作にはロケットを連射する敵がおり、こちらのカバーする場所を次々と破壊していく。ひとたび砲火を交えれば、更地になることもしばしば。跡形も無くなったエジプトの遺跡をみて、どれだけ激しい戦闘をしていたか実感できるはずだ。

Serious Sam 3: BFE
Serious Sam 3: BFE

もちろんマルチプレイ(協力・対戦)に対応している。特に協力モードはプレイヤー人数に対する敵の体力の増加や、アイテムの有無、復活クレジットの数といった細かい部分まで設定ができる。ワークショップにも対応しておりアドオンを試すだけでも何時間も遊べる。

Serious Sam 3: BFE

総評:オールドスクールFPSの金字塔、マストバイ

今すぐウォレットチャージでこのゲームをゲット!

PROスチーマーのSteamグループが出来ました!よろしければ参加をお願いします!