言わずもがなの無料名作ゲーム『Team Fortress 2』

ゲームタイトルTeam Fortress 2
    開発元Valve
パブリッシャーValve
     定価:無料

筆者:でじゅきお
Steam プロフィール

まず、ゲームを紹介する前に一つお願いがある。「FPSはちょっと・・・」という方。そんな方に見ていただきたい。そう、このたび紹介するゲームはFPSであり、FPSの様な何かなのである。

「Team Fortress 2」言わずとも知れた無料FPSゲームであり、むしろ紹介する必要すらないかもしれない。しかし、それは逆を言うとプレイする前からある程度の情報が入ってくる、ということでもある。そのため「FPSはキルデス比(倒した数と倒された数の比)が・・・」「FPSって敷居が高そう・・・」という想像をしてしまうことになる。実際に筆者も、パニックになりAIM(照準)が合わなかったり、キルデス比によって部屋が制限されたり、あるいは異常なまでに上手い人1人で勝利をかっさらっていく、など心が折れてしまうことがあった。

さて、以上に挙げた点は、FPSならば切っても切り離せないような特色である。その切っても切り離せないような特色を切り離してしまったのがTeam Fortress 2なのである。

Team Fortress 2の特色を筆者なりに一言で表すと「勝てばよかろうのチーム戦FPS(?)」だと考えている。

その理由として、まず、Team Fortress 2の特色の1つとして、「徹底的なまでのチーム戦」があげられる。FPSでお馴染みである「デスマッチ」や「サバイバル」といったようなお馴染みのルールが、このゲームには一切ない。このゲームには様々なルールがあるが、どのルールも仲間と協力して初めて勝利することができるようなルールしかないのが特徴的だ。

Team Fortress 2
いくつかのルールはBOT相手に練習もできる。

また、このゲームにはFPSキルデス比が無いのも大きな特色である。このゲームではキルデス比が無い代わりに、ポイント制が導入されている。このポイントも、どれだけチームに貢献したかで増えていき、やられたからと言って減ることもない。それ以上にこのポイントですら力量を図るものではない、という点があげられる。これに関しては、実際にやってみないと分からないのだが、どんなにポイントが高い人でもワンマンプレーをしていると不安に感じるし、逆にポイントが低い人でも積極的にサポートに回ってくれる人は、これ以上なく頼もしく感じるのだ。

Team Fortress 2
一人も倒さなかった場合のポイント。しっかり入っている。

さらに、このゲームには9つのクラス(役職)がある。クラスがあること自体は、他のFPSでも決して珍しくないのだが、このゲームでは、クラスによって担当する仕事があまりにも違いすぎることが挙げられる。何より、9つのクラスのうち、射撃を担当するメンバーが半数ほどしかいない。下手をすれば、その半数すら射撃を捨てる可能性だってある。これが、筆者の一言で表した際に(?)を付けた理由である。

Team Fortress 2
初心者にお勧めのソルジャー。メイン武器がまさかのロケラン!

Team Fortress 2の魅力を記すには、正直言って筆者にはまだまだ経験不足だと感じている。なぜなら、今回記入した内容の、まだ何倍も記入したいし、さらに何倍もまだその魅力を味わっていないからだと思っているからだ。なので今回は、食わず嫌いをしている方へ、というテーマを持って記事を記させていただいた。最後に、一番伝えるべき魅力として、このゲーム、このクオリティで「無料」である。会員登録だとかランクだとか、そんな物は一切なく、Steamを持っていれば、すぐにダウンロードでき、すぐに遊べるのだ。気軽にプレイできるので、是非ともこのゲームを触ってみてほしい。何とも言えない驚きに包まれ、このゲームはFPSというジャンルなのか?という訳のわからない疑問を浮かべ、最後にはこのゲーム、他の人にも勧めてみたい!というような感想を持ってくれると嬉しい。

Team Fortress 2
無敵(言葉まんま)になれるFPSはTeam Fortress2だけ!

余談となるが、公式が制作しているPVは色々と気合が入っており、特にクラス紹介ムービーは一見の価値あり。ヤバそうな奴が実はまともだったり、まともそうな奴が実はヤバかったり、かと思えばヤバそうな奴がやっぱりヤバかったり。最後にアナタはこう言うだろう。「パイロはかわいい!」と。

今すぐウォレットチャージでこのゲームをゲット!

PROスチーマーのSteamグループが出来ました!よろしければ参加をお願いします!